つけ置き洗いの洗濯洗剤のRinenna (リネンナ)

布ナプキン の洗い方|お洗濯の基本を学ぶVol.30

Column
2019.01.28

Contents

布ナプキンとは、文字通り布で作られた生理用ナプキンのこと。
使い捨てしないので経済的で環境に優しく、肌触りがよいため、愛用者が急増しています。

Rinennaではつけ心地のよい布ナプキンを販売しておりますが、
「布ナプキンには興味あるけど、お手入れ方法、洗い方が分からない、手間がかかりそう」
というお声をよく耳にします。

もちろん紙ナプキンと比べると一手間増えてしまいますが、今日は、洗濯コンシェルジュRinenna流の
\簡単/布ナプキンのお手入れ方法をお伝えします。

「やっぱり面倒!使い捨てできる紙ナプキンがいい!」と思われる方は紙ナプキンを、
「意外と布ナプキンの洗濯って簡単!?使ってみたい」と思われる方は布ナプキンを!

女性なら毎月お付き合いするものなので、ぜひ自分に合ったナプキンをお選び頂けたらと思います。

意外と簡単!?布ナプキンの洗い方と用意するもの

布ナプキンを使ってみたいけど、洗濯が面倒・・・!?
という方が多いと思いますが、意外と簡単!

布ナプキンの洗濯!3ステップ 予洗い→つけおき→洗濯機

使用後は布ナプキンをぬるま湯ですすぎ、経血を落としておくとシミになりにくいです。
あとは、洗剤を溶かしたバケツにつけ置きし、洗濯をする際に他の洗濯物と一緒に洗うだけ!

布ナプキンはゴシゴシもみ洗いをしたり、シミ抜きをしたり、大変かと思っていましたが、実際に洗濯してみると意外に簡単です!

布ナプキンを洗う際に用意するもの

・アルカリ性の洗剤(Rinenna#1は弱アルカリ性なのでオススメです)
・蓋つきバケツ(オムニウッティバケツがオススメです)


 布ナプキン  布ナプキン
それでは、実際に布ナプキンを使ったあと、ふかふかに乾かすまでのステップをご紹介します!

布ナプキンを予洗い

ぬるま湯で汚れを落とす
Rinennaならもみ洗いは不要ですが、バケツに入れる前にぬるま湯で簡単に流す程度に経血を落としおくと、シミになりにくいです。

ポイントは早めの予洗いと40度以上のお湯

ぬるま湯で汚れを洗ってください。ゴシゴシもみ洗いをすると布地が痛むので優しく経血が取れる程度に洗ってください。
汚れをしっかり落とすのには40℃以上のお湯がおすすめです。また、経血は8時間程度で変質し始め、汚れが落ちにくくなりますので、早めに予洗いをいし、つけ置きバケツに入れましょう。

布ナプキンをつけ置き

アルカリ性洗剤と40℃以上のお湯を入れたバケツに、予洗いをした布ナプキンを入れてください。
1日分の布ナプキン4〜5枚程度であれば同じバケツでOKですが、汚れがひどい場合は洗剤の量を増やしてください。布ナプキンがバケツに浮くと汚れが落ちないので経血のついた面を下にしてつけてくださいね。

布ナプキンのつけ置きには弱アルカリ性のRinennaがオススメ

Rinennaは弱アルカリ性のため経血を浮かせる働きがあります。
また、蛍光剤不使用でノンシリコンなので、デリケートな肌を包む布ナプキンにとてもお勧め。
Rinennaの商品開発では協力者に布ナプキンを配り、実験と検証を繰り返しました。

 →Rinenna開発秘話はコチラ

ご自宅にある重曹でも◎

つけおき洗剤がない場合、ご自宅に重曹がある方はつけおきに重曹も◎重曹は溶けにくいので、重曹に漬ける際はしっかり溶かしてお使いください。

真水だけでつけおきはNG!?

つけおきで気を付けていただきたいのは、真水やお湯だけでつけおきをすることはNGです。雑菌が繁殖して不衛生です。
Rinennaをお持ちでない方は、一般的な洗濯洗剤に酸素系漂白剤を一緒に入れることをおすすめします。

布ナプキンのつけ置き時間は!?

約4時間~8時間を目安につけ置きをして下さい。1日分の布ナプキン4〜5枚程度であれば同じバケツでOKですが、汚れが酷い場合は洗剤の量を増やしてください。
また、お湯の方が落ちるので、冷めたらお湯を注ぎ足すと汚れも落ちやすくなります。
繰り返しになりますが経血のついた面を下にしてつけてくださいね。

つけ置き時のニオイが気になったら

予洗いをしてつけ置きをすればほとんどニオイは気にならないかと思いますが、もし気になったらRinenna#2がオススメ。
Rinenna#2は臭いの原因であるタンパク質を分解酵素を究極にブレンドしているので、臭いが気になる方はオススメです。
Rinenna#2も弱アルカリ性。アルカリの乳化作用・タンパク質分解作用によって血液汚れがゆるんで落としやすくなるだけではなく、pHが上がる(液性がアルカリ側に傾く)ことで雑菌の繁殖を抑える効果も期待できます。


 布ナプキン

家族の目が気になる!蓋つきバケツで解決

布ナプキンをつけ置きしているバケツを家族に見られたくないですよね。
布ナプキンのつけ置きには蓋つきのバケツをオススメします。蓋をすればニオイもシャットダウンしてくれるのでオススメです。
布ナプキンユーザーは洗面所に置いている方が多いようです。ロングライフデザイン賞を受賞したオムニウッティバケツなら蓋もついて、デザインもスタイリッシュなのでインテリアに馴染みます。
※つけ置き用のバケツはアルミニウム素材は使わないようにしましょう。アルミニウム素材はアルカリに弱いのです。


 布ナプキン  布ナプキン

洗濯機で洗う

洗濯ネットを使うと布ナプキンが痛みません

ネットに入れて洗うと布ナプキンが痛みにくいです。

柔軟剤は経血をはじく可能性があります

柔軟剤をお使いの方は、布ナプキンを洗う際はご注意ください。
ご使用された場合、経血が落ちにくくなる可能性がございます。

乾燥機は型崩れの原因に

乾燥機は縮みや型崩れの原因になるので、ご注意ください。
デリケート素材なので天日干しがおすすめです!

あとは干すだけ!
生乾きはカビの元なので、しっかり乾いてから使用してくださいね。

外出時にどうする布ナプキン!?

紙ナプキンは捨てるだけですが、布ナプキンは持ち帰らなくてはいけません。
ここは布ナプキンのデメリットでもありますが、慣れてしまえば簡単!

ジッパー付きのビニール袋に入れる

ジップロックなどのジッパー付きのビニール袋入れ、見えないようにポーチや布袋に入れて持ち帰りましょう。
におい漏れの心配はほとんどありません。

帰宅したら予洗いし、朝までつけ置き

帰宅したら、お湯で予洗いをし、朝までつけ置きをすればシミは落ちているはずです。
翌朝起きた時に、つけおきしていたバケツの水ごと洗濯機にIN!あとは洗濯機にお任せ!

布ナプキンのシミが残ったら!?

特に生理の終わり頃の経血は落ちにくいのでシミになる可能性も。
シミが残ったら、少し熱めのお湯にアルカリ性の洗剤(もちろんRinennaでもOK)の量を少し多めにしてつけ置きしてください。
そうすれば、シミは落ちているはずです。

布ナプキンのお洗濯方法は以上です。

よく乾いたふかふかの布ナプキンは本当につけ心地がよいです。一度使うと、「やめられません。」の声も多く、洗濯をしたらまた使える布ナプキン。嫌なケミカル臭からも解放されます。
毎月お付き合いするものなので、質のよいもの、好みのデザインのものを使いたいですよね。

また、使い捨てのナプキンと違い、洗濯を自分でするようになると経血の状態がわかるので、身体のコンディションの変化も知ることができます。

女性の身体に寄り添うつけ心地のよい布ナプキン。
ぜひ、お試しくださいね♩

【Rinennaの布ナプキン】

軽い日・おりもの用、普通の日用、夜用(単品)

軽い日・おりもの用、普通の日用(3枚セット)

軽い日・おりもの用、普通の日用、夜用(お試し5枚SET)

【Rinennaのつけ置き洗剤】

つけ置き洗剤Rinenna#1

 布ナプキン

臭いに特化したつけ置き洗剤Rinenna#2

 布ナプキン

蓋つきバケツ、オムニウッティバケツ(グッドデザイン賞受賞)

 布ナプキン

つけ置き洗剤Rinenna#1とオムニウッティのセット

 布ナプキン

臭いに特化したつけ置き洗剤Rinenna#2とオムニウッティのセット

 布ナプキン

【メディア紹介】

・VERY web
VERYライター高橋志津奈さんのブログで愛用品としてrinennaが紹介


Recent Topics

最新のお知らせ

- システム移行のご案内 -

つけ置き洗いの洗濯洗剤・Rinenna(リネンナ)は、2018年12月14日にショップシステムの移行を行いました。以前ご登録頂いたお客様は、こちらのページからパスワードを再発行することで、以前のログイン情報をご利用いただけます。