つけ置き洗いの洗濯洗剤のRinenna (リネンナ)

赤ちゃんの洗濯洗剤にオススメなRinenna#1

Detergent
2019.02.28

布おむつの洗濯洗剤としてRinenna#1を開発したので、赤ちゃんにも安心してお使い頂けますが、
そもそも赤ちゃんにはどんな洗濯洗剤がいいのか?
赤ちゃんの肌の特徴や洗濯洗剤の種類、注意点などをまとめました。

赤ちゃんの洗濯洗剤の選び方

赤ちゃんの肌

生まれたての赤ちゃんの肌はツルツルしていてまるで天使のようですよね。
でも赤ちゃんの肌はとてもデリケートで代謝も活発なのですが、実は乾燥肌でもあります。
とてもデリケートなので乳児湿疹やアトピーは気をつけなければいけません。

赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の半分

皮膚の厚さは大人の約半分しかありません。そのため外部の刺激から肌を守るバリア機能も未熟。
摩擦も炎症の原因になるので、おむつ替えでお尻を拭くとき、ヨダレを拭くときは優しく肌を傷つけないように注意しましょう。

赤ちゃんの肌を守る洗濯洗剤

お肌に触れる肌着やガーゼ、タオル、シーツを洗濯する洗剤選びはとっても大切。洗濯洗剤で衣類の仕上がりが異なり、刺激の強い洗剤を使うと、衣類に成分が残り乳児湿疹や肌荒れの原因になることも。
赤ちゃんの洗濯洗剤といっても種類もブランドも沢山あります。色々な情報に惑わされず、赤ちゃんが気持ちよく過ごせて、ママも納得できる洗剤を選んでくださいね。

赤ちゃん 洗濯

赤ちゃんのお洗濯頻度

新生児や低月齢の赤ちゃんはミルクの吐き戻しや、おしっこ・うんちの漏れ、成長すると離乳食の食べこぼし、ヨダレ染みなど洗濯物が多いです。
ミルク、ウンチ、離乳食の汚れは全てタンパク質。タンパク質は時間が経つと落ちにくくなるので、もみ洗いかバケツに洗剤を溶かしてつけ置きし、お洗濯の時に一緒に洗うと、赤ちゃん用の優しい洗剤でも汚れは落ちやすくなります。

洗濯洗剤の種類

石けん

バームや油、牛脂などの動植物の油が原料。
肌や環境に優しいと言われているのは石けんですが、石けんは正しく使わないと汚れがしっかり落ちず黄ばみの原因になったり、また石けんかす残ったままで肌のトラブルになることもあります。

合成洗剤

石油が主な原料。
合成洗剤は洗浄力が期待できるメリットがあります。
合成洗剤の原料は石油など化学合成して作られた界面活性剤(水と油を混ぜる働きをするもの)で他、蛍光増白剤(衣類を白く見せる)や漂白剤・香料・着色料などさまざまな種類の添加物が含まれます。しかし、添加物が必ずしも赤ちゃんの洗濯洗剤として悪いか、というとそうとも言い切れません。日本製のご家庭用合成洗剤は、合成洗剤も下水処理できちんと生分解するものが主流となっています。
洗剤は本来汚れを落とすもの。
汚れを汚れをきちんと汚し切った清潔な肌着やお洋服は赤ちゃんにとっても心地よく、ママも納得して使えるはずです。
石けんも合成洗剤もすすぎをしっかりすることが大事です!

石けんと合成洗剤の見分け方

成分表の上の「品名」に「洗濯用石けん」という表示されていれば、石けん。
合成洗剤の場合は「洗濯用合成洗剤」と表示されているので、簡単に見分けがつきます。

無添加には要注意

赤ちゃん用の洗剤でよく「無添加」と記載がありますが、実は「無添加」の定義は曖昧なのです。
添加物の含有量が1%未満の場合、成分として記載する義務がないためパッケージの成分表に記載がないことも。

赤ちゃん用洗剤でも香りやふんわり感を楽しみたい場合

毎日のお洗濯なので、赤ちゃん用の洗剤でも香りやふんわり感を楽しみたいですよね。
香料を使用していない洗剤を選びがちですが、洗濯中や洗濯後の香りに癒されたり、リフレッシュされたり、子育て中のストレスを軽減してくれることもあります。
赤ちゃん用の洗剤は無香料が多いですが、ママがリフレッシュできる優しい香料を使っている洗剤もおすすめです。
(布おむつ用に開発したRinenna#1はマンダリンシトラスの香りを採用しました。)
ただし、柔軟剤は衣類に成分が残ってしまうので、お肌の弱い方や敏感肌の方には向いていないこともありますので
気を付けましょう。

布おむつの洗濯用に開発したRinenna

布おむつの洗濯が大変!

当社で販売しているRinennaは布おむつの洗濯用に開発しました。
さかのぼること7年前、店長自身の赤ちゃんが気持ちよさそうにしている布おむつを作り商品化。
布おむつの良さを広めたいとコツコツ売っていましたが、「布おむつの洗濯が大変!」というママの声を聞き、「簡単に汚れが落ちて、赤ちゃんにも使える洗剤を開発したい」と、普段赤ちゃんのお洗濯をするママたちと開発しました。

→Rinennaの開発秘話はこちら

ママが安心して使える赤ちゃんの洗濯洗剤

ママ友に声をかけて、どんな洗剤が赤ちゃんにも安心して使えるかヒアリング。
赤ちゃんに安心して使えるだけではなく、汚れも一緒に、かつ楽に落としたい!という声が多数。
そこで洗剤の原料を調べ、洗剤の原料屋さんと一緒に商品開発をしました。

Rinennaはノンシリコンで蛍光材不使用

布おむつが当たる場所は赤ちゃんの肌の中でもデリケートな部分。
安心して使って欲しいから、「ノンシリコン」で「蛍光材不使用」にしました。成分は生分解する環境にやさしいもの。

赤ちゃん 洗濯

汚れが落ちなければ意味がない

でも汚れが落ちなければ意味がない。ママのお洗濯のストレスを軽減したい!と汚れが落ちるには、何を配合すればよいのか洗剤の原料屋さんと何度も打ち合わせを重ねました。
そこで、ミルクや食べこぼし、赤ちゃんのウンチ・おしっこの成分「たんぱく質」の汚れに着目。
沢山のママに協力してもらい、何度も実験を繰り返してRinennaが完成しました。

赤ちゃん 洗濯

つけ置きするだけで布おむつがきれいに

ただでさえ、夜中も何度も起きて授乳やミルクをあげて、おむつを替えて・・・と寝不足な上に洗濯物も溜まったらママは大変ですよね。
なので、Rinenna#1は布おむつさえも揉み洗いをせずに、つけ置き洗いだけで汚れが落ちる洗剤なのです。

赤ちゃん 洗濯

赤ちゃんに使える洗剤なので出産祝いとしてもオススメ

プレゼントメディアGIFTPODにRinenna#1が紹介されました。
出産祝いとして多くの方に選ばれています。
さらにプレゼントされたお客様もその後もリピート購入して下さっています。

▼お客様レビュー▼

出産祝いでいただいて、びっくりするほど簡単でしっかり落ちるので、自宅用に購入しました。よくうんち漏れとかをしていたのですが、つけ置きだけで必ず落ちるのでもみ洗い洗濯の憂鬱さがなりました。お気に入りの可愛いベビー服についてしまったミルクジミも綺麗に落ちるので、これは本当におすすめです!

納得できる洗剤選びを

赤ちゃん用に作ったRinennaをお試しください!と言いたいところですが、
繰り返しますが赤ちゃんの洗濯洗剤はママが納得できるか、が大事だと思っています。
Rinenna以外にも沢山赤ちゃんの洗濯洗剤が発売されているので、ぜひママにとって納得できる洗剤を選んでくださいね。

赤ちゃん 洗剤

【Rinennaシリーズ】
▼つけおきメインの洗濯用洗剤Rinenna#1
つけ置き洗い に定評。もみ洗いは一切不要!
 ダウン 洗濯

▼くさいニオイをごっそり落とす洗剤Rinenna#2 WhiteMusk
加齢臭・を落とす洗剤
 ダウン 洗濯

▼Rinennaのつけごこちのいい布ナプキン
つらい生理痛を少しでも和らげるために。ベビー用コットン×安心の日本製 布ナプキン

 ダウン 洗濯

▼オーガニック消臭除菌スプレーRinenna#3
植物100%の消臭・除菌スプレー
 ダウン 洗濯

【メディア紹介】
・VERY web
VERYライター高橋志津奈さんのブログで愛用品としてrinennaが紹介

・LEE
Rinennaの布ナプキンを「これなら使い続けたい!」と紹介

・Felice
香りのプロがRinenna#2を取材!実際に使ってみた感想と利用者の口コミをまとめて頂きました

・araou
「洗濯」にスポットを当てたライフスタイルメディアの編集部がRinenna#2の感想をレポート

・GIFTPOD
出産祝いのプレゼントに選ばれている洗剤としてRinennaが紹介

【SNS】
▼LINE@からお得なクーポンや最新情報をお送りします!


▼Instagram:rinennanewyork
https://www.instagram.com/rinennanewyork/

Instagram



Recent Topics

最新のお知らせ

- システム移行のご案内 -

つけ置き洗いの洗濯洗剤・Rinenna(リネンナ)は、2018年12月14日にショップシステムの移行を行いました。以前ご登録頂いたお客様は、こちらのページからパスワードを再発行することで、以前のログイン情報をご利用いただけます。