家族全員の洗濯物が、Rinennaひとつで本当に簡単に綺麗に落とせます

6,000円以上 送料無料!

コラム / ニュース

Column
2018.09.21

上手なお洗濯のために知っておきたい!洋服別の汚れの種類

一口に汚れといっても、いくつかの種類があり、それによって洗濯の仕方も変わってきます。 綺麗に洗うために、まずは洋服のどこにどんな汚れがつくのかを知りましょう! お洋服につく汚れは体から出る汚れと外部からつく汚れに分けられます。 【シャツ】 身ごろ:外気に当たる身ごろには、目に見えない埃などが繊維の凸

Column
2018.06.26

Make a perfect day! 簡単に汚れを落とす基礎check!

洗濯機を回す量は7分目が目安。 洗濯機に衣類を入れる際、できるだけ多く入れて一度に洗ってしまいたいと思いますよね。ところが、あまりにギュウギュウに詰め込むと洗濯する際に水流が生まれず、衣類同士が動く余裕もないため汚れが綺麗に落ちないのです。衣類同士の摩擦が大きくなってダメージも出やすいので、一度に洗

Column
2018.06.14

バケツに衣類をつけおきするだけ!もみ洗いのいらない簡単お洗濯。

ぬるま湯+洗剤につけておくだけ!つけ置き洗いのやり方 つけ置き洗いには、まずバケツや洗面器など洗濯物がしっかりつかる大きさの容器を用意します。そこに40℃~45℃のぬるま湯を入れ、洗剤を溶かします。 後は洗濯物をそこにつけて、30分~1時間ほど放置しておくだけ。最後に洗濯機にポイと入れて回すだけ。

Column
2018.05.20

洗濯機回りは話題のバルコロールで、洗濯物も洗剤もスッキリ収納

水にも強い樹脂素材バルコロール バルコロールは水にも強い樹脂素材からできているバスケットです。濡れたものも入れられるので、洗濯機周りには大活躍します。 ランドリーバスケットにして、濡れたタオルや赤ちゃん 服を入れても大丈夫です。 じゃぶじゃぶ水洗いもできるのがうれしいポイントです。 インテリアとして