リュックの洗濯方法!手洗い・洗濯機での正しい洗い方を洗濯研究家が解説

リュックの洗濯方法!手洗い・洗濯機での正しい洗い方を洗濯研究家が解説

両手を自由に使えるから、ママやキッズ、サラリーマンまで愛用者が多いリュック。
一見キレイに見えても、ショルダーや背面はたっぷりの汗を吸い込んだままだったり、よく見ると底面が黒ずんでいたり、 実はとても汚れていることが多いのです。
アウトドア用リュックの場合、砂埃や泥で汚れたまま…なんてこともあるはず。
普段頻繁に使うもの(身につけるもの)だからこそ、きちんとお洗濯をして、清潔に気持ちよく使いたいですね。

このリュック洗える?洗う前の確認事項

洗濯機で洗える洗濯表示マーク

リュックの洗濯をはじめる前に!まずはお家で洗える素材かどうかを確かめることが大切です。
リュックに付いている洗濯表示のタグをみて判断しましょう。

桶の中に数字が書いてあるマークがあれば、洗濯機洗いが可能です。
桶の下の線が多いほど、デリケートなものとなるので、線が2本あるときは、洗濯ネットに入れ、おしゃれ着コースで洗う方が安心です。

手洗い推奨の洗濯表示マーク

このマークがあるものは手洗い推奨です。
洗濯機を使うと、型崩れや痛みの原因となります。

ご自宅で洗えない洗濯表示マーク

このマークがあるものは、ご自宅で洗うことができません
クリーニング店またはバッグのリフォーム店などで相談しましょう。

鞄やリュックは、ご自宅での洗濯を想定していないものもあるため、洗濯表示がついていないこともあります。
その場合は、素材から判断しましょう。

洗濯機で洗える素材

  • ナイロン
  • ポリエステル

手洗い推奨の素材

  • 綿
  • 帆布
  • 色落ちしやすいもの(色が濃いもの)
  • 型崩れが気になるもの(キルティング等)
  • 撥水・防水加工のあるもの 
撥水・防水加工のあるリュックは洗濯頻度に注意

撥水・防水は、永続的なものではないため、頻繁に洗濯をすると機能が低下し、リュックの劣化につながる恐れがあります。
登山のリュックなどは、シーズンの終わりなど、年に1~2回の頻度にとどめる方が安心です。


    洗えないもの

    • 合皮

    装飾の一部に革や合皮を使っているものも、水洗いすることができません。
    水に濡れるとシミになってしまうため、注意が必要です。

    色落ちしないかチェック

    洗えるリュックを洗濯する前に、色落ちしないかチェックを行いましょう。

    <色落ちチェックの手順>
    白い布やキッチンペーパーを濡らし、中性洗剤をつけ、リュックの目立たない場所にトントンと軽く押し当てます。
    もしこれだけで色移りするようであれば、洗濯後には色が変わってしまう(退色する)可能性が高いため、水洗いは推奨しません
    どうしても洗いたい場合は、他の衣類に色落ちした染料がつかないよう、手洗いで単独で洗濯しましょう。

    洗濯機で洗う前に要チェック!6つの注意点

    ①はずせるものは全部はずす

    素材のチェックができたら、リュックについている装飾物(キーホルダー類や紐、クッション材など)を全て取り外し、ポケットの中身も全て出して、リュックの中にも外にも付属物がない状態にします。

    ②洗剤はおしゃれ着用洗剤を使う

    リュックは型崩れしやすいため、素材の風合いを守るおしゃれ着用洗剤を使用します。
    ただし、おしゃれ着用洗剤は洗浄力がマイルドなので、汗やニオイなどの汚れが気になる場合は、洗浄力の高いアルカリ性洗剤を使い、つけ置き洗いをしましょう。

    リュックの洗濯におすすめ!
    おしゃれ着用洗剤
    RINENNA Pro #ZERO

     

    ③色落ちしないかチェックする

    白い布やキッチンペーパーを濡らし、中性洗剤をつけ、リュックの目立たない場所にトントンと軽く押し当てます。
    色移りをしやすいリュックは、他の衣類に色落ちした染料がつかないよう、手洗いで単独で洗濯しましょう。
    ※退色してしまう恐れが高いため、ご自宅での水洗いは推奨しません。

    ④ポケットの中身を確認

    機能的なリュックはポケットの数も沢山ありますよね。
    中に残っているものがないか、しっかり確認しましょう。

    ⑤ゴミを取り除く

    空っぽになったリュックを裏返し、内側の四隅に溜まっている埃やゴミを取り除きます。細かい部分なので、歯ブラシを使うとうまく取れます。
    ポケットの中の四隅に溜まった細かい埃やゴミもしっかり取りましょう。
    歯ブラシでも取りづらい場合は、爪楊枝など先の尖ったものをやさしく使ってみるのも◎

    ⑥シミや埃を取る

    気になる汚れやシミがある場合は、濡らした歯ブラシに洗剤をつけて部分的に優しく擦ります(強くゴシゴシすると生地が傷むので注意して)。
    アウトドア用リュックの場合は土汚れや全体の土埃も払っておきましょう。

    洗いあがりに差が出るので、この6ステップをお忘れなく!

    洗濯機でのリュックの洗い方

    洗濯機でリュックを洗う時に必要なもの

    • 洗濯ネット(リュックの大きさに合わせる・厚め)
    • おしゃれ着洗剤(中性洗剤・RINENNA Pro #ZEROがおすすめ!)
    • バスタオル

    ①全てのポケットを確認し溜まった埃を除去しておく

    リュックには、たくさんのポケットがあります。
    レシートやティッシュ、ペンなどを洗濯してしまうと、リュックが汚れてしまうので、一つ一つ確認し、ポケットの中のものを取り出しましょう。
    その際に、埃やゴミどがあれば、綺麗に取り除きます。

    ②汚れがひどい箇所をブラシで擦り洗い

    シミ・汚れがある場合は、濡らした歯ブラシに洗剤をつけて優しく擦り洗いします。この時、力を入れてゴシゴシこすると、生地を傷めてしまうので注意が必要です。
    アウトドア用リュックの場合は土汚れをよく乾かし、はたいてから洗濯します。

    ③洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う

    準備ができたら、リュックを洗濯ネットに入れ、おしゃれ着用洗剤で「おしゃれ着コース/ドライコース」など、優しく洗い上げるコースで洗濯します。
    (コースが選択できない場合は、手動で洗い6〜7分、すすぎ2回以上、脱水は1分未満を目安に設定してください)

    脱水の時は、リュックの中にバスタオルを詰めるのがおすすめです。
    素材によってはリュックの内側にたまった水をうまく外に放出できないこともあるので、内側にバスタオルを入れると効果的です。

    洗濯機での脱水時の注意点 洗濯機での脱水では、槽内の“バランス”が重要になります。
    脱水では、洗濯槽を速く回転させることによる遠心力で水気を飛ばします。
    リュックのようにある程度の大きさと重さがあるものを1つだけ入れて回転させると、局所的に強い負担がかかり、うまく回転のバランスがとれずガタガタと大きな音がしたり、 エラーが出て止まってしまう可能性も。
    洗濯機で脱水する場合は、リュック単体ではなくバスタオルなどを入れて一緒に脱水するのがおすすめです。

    ④リュックの干し方

    脱水後はチャックを開けた状態でさかさまにし、物干竿にフックなどをかけ、風通しの良い日陰でしっかり乾かします。
    太陽の直射日光を当てながら干すと、濃い色のリュックは紫外線の影響で色あせしてしまうことがあるので注意しましょう。

    単独で洗うべき?乾燥機は使える?洗濯機で洗う時の注意点

    リュックは単独で洗ったほうがいい?

    ナイロンなどのリュックは、他のものと一緒に洗うことができます。
    色落ちやシワが心配な、綿・帆布のリュックは単体で洗う方が安心です。

    先程も記載しましたが、リュックは単体で脱水すると、洗濯槽内の軸のバランスを取ることができず、エラーが起こることがあります。
    脱水の際は、タオルなどを一緒にいれる方が安心です。

    リュックを洗ったあと乾燥機に入れてもいい?

    乾燥機は使用しないほうが良いでしょう。
    リュックには金具などがついているため、乾燥機を使うことで生地を傷めてしまう恐れがあります。
    また、リュックに使われることの多いナイロンは熱に弱い素材のため、縮みや型崩れの原因となります。

    リュックはコインランドリーでも洗える?

    コインランドリーで洗えるかどうかの確認事項

    洗濯機洗いができるものであれば、コインランドリーで洗うこともできます。
    コインランドリーで洗う際も、厚手の洗濯ネットに入れて洗濯します。

    ただし、コインランドリーは「おしゃれ着洗い」などの洗い方や洗剤を選ぶことができません。そのため、金具などで生地が傷んでしまう恐れもあるので、ご自宅で洗えるようであれば、ご自宅の洗濯機のおしゃれ着コースで洗う方が安心です。

    また、防水加工されているリュックは、加工が劣化する恐れがあるため、コインランドリーの使用は控えましょう。

    コインランドリーでのリュックの洗い方

    洗い方は、基本的にご自宅で洗濯機洗いする方法と同じです。
    リュックを厚手の洗濯ネットに入れ、洗濯します。

    洗濯後、乾燥機は使用せず、ご自宅に持ち帰り、陰干しで良く乾かします。

    リュックの手洗いのやりかた

    リュックを手洗いする時に必要なもの

    • 洗濯ネット(リュックの大きさに合わせる・厚め)
    • おしゃれ着洗剤(中性洗剤・RINENNA Pro #ZEROがおすすめ!)
    • バスタオル

    ①つけ置き液を作る

    洗面台湯船、桶など、リュックが丸々浸かる量のぬるま湯を入れ、おしゃれ着用洗剤を溶かして洗浄液を作ります。

     POINT

    40℃ほどのお湯を使うことで、リュックに染み込んだ皮脂の汚れを溶け出しやすくし、洗剤の洗浄力もUPします。

    ②リュックを浸けたら押し洗いする

    リュックを入れて手で押し洗いします。
    部品の劣化を防ぐために、長時間の押し洗いはしないようにしましょう。

    汚れがひどい箇所があれば、中性洗剤をつけたスポンジなどで優しくポンポンと擦り洗いします。

    ③念入りにすすいだら手で脱水する

    汚れが浮き出て、洗浄液が濁ってきたら、すぎ洗いをします。
    メッシュ部分やリュックの内側には洗剤が残りやすく、洗浄液の成分が残っていると、劣化の恐れがあるため、シャワーなどを使い、よく流します。
    最後に押し洗いをした時に、泡が出なくなればOK!

    できれば、すすぎの後には洗濯ネットに入れ、洗濯機で脱水(1分以下)しましょう。
    この時、リュックの中にバスタオルを詰めると型崩れを防げます。

    型崩れが心配なリュックは、洗濯機にかけず、タオルで水分を拭き取ります。

    ④リュックの干し方

    脱水後は、風通しの良い日陰でしっかり乾かします。
    直射日光に当てて干すと、紫外線の影響で色あせしてしまうことがあるので注意します。

    チャックを開けた状態で逆さにし、物干竿にフックなどをかけて干すと、リュックの中に水分を残さず、乾かすことができます。

    取り込む前に、メッシュ部分など、乾きにくい場所がしっかり乾いているか、確認しましょう。

    リネンナならリュックを洗うのは簡単!

    Rinenna#1があれば、約30分つけ置くだけ!!

    手洗いの場合でも、洗濯機の場合でも、がんこな汚れやシミ、嫌なニオイまでごっそり落とせるのがリネンナの洗濯洗剤です。

    リュックには、手垢や汗など、身体から出るタンパク質汚れが蓄積しています。リネンナは、この落としにくいタンパク質汚れにフォーカスした洗剤です。

    リュックの洗濯は中性洗剤が基本ですが、汗のニオイや汚れをしっかり落としたいときには、リネンナをお試しください。

    つけ置き洗いの方法

    ①約40℃のお湯 4リットルにRinenna#1を40g入れ、よくかきまぜて溶かし、洗浄液を作ります。
    (洗面台や湯船、桶など、リュックが丸々浸かる場所でつけ置き洗いします)


    ②洗浄液にリュックをしっかり浸けこんだら、優しく押し洗いし、約30〜60分放置するだけ。
    (リュックが浮いてこないよう、ペットボトルに水を入れておさえると◎)

    ③リュックに洗浄成分が残らないよう、よくすすぎます。
    リュックの内側やメッシュ部分は洗剤や汚れが残りやすいため、シャワーなどを使い、よく流します。

    洗浄液の成分が残っていると、劣化の恐れがあるので注意が必要です。

    最後に押し洗いをし、泡が出なければすすぎ完了です。

    つけ置き後|手洗いのリュック

    洗濯ネットに入れ、洗濯機で1分脱水し、逆さまにして陰干しします。
    ※脱水時は、リュックの中にバスタオルを詰めると型崩れが防げます。

    つけ置き後|洗濯機で洗えるリュック

    洗濯ネットに入れ、洗浄液ごと洗濯機へ入れ、「おしゃれ着洗いモード/ドライモード」で洗います。
    (Rinenna#1でしっかりつけ置き洗いしているので、洗濯機に追加で洗剤を投入する必要はありません)

    ※手洗いと同様に、脱水時はリュックの中にバスタオルを詰めるのがおすすめです。

    つけ置きだけで汚れをごっそり落とす

    身体から出るタンパク質汚れにフォーカスした洗濯洗剤、Rinenna#1
    リネンナは、タンパク質分解酵素を配合し、繊維の奥に入り込んだ汚れ・ニオイを浮かせて落とします。
    もみ洗いの手間をなくすだけでなく、もみ洗いによる生地の劣化も防ぎ、洗濯ダメージを減らすことができるのが特徴です。

    リュックの洗濯だけでなく、食べこぼし襟袖の黄ばみウンチ血液の汚れまでスッキリ落とすことができるので、家にあると毎日の面倒な家事が楽になる、お助けアイテムです。

    臭いの原因物質まで除去

    リネンナなら、何年も洗っていなかったリュックに蓄積された、頑固な汚れや、臭いの元となる原因物質までごっそり洗い流すことができます。
    つけ置き洗いで “楽して”るのに、仕上がりにぐんと違いがでるので、一度使うと手放せなくなるリピーターさんがたくさんいらっしゃいます。

    リュックの部分汚れはどうする?

    リュックにつきやすい汚れ。ベスト3

    ①土汚れ、泥汚れ、砂埃

    土や泥の汚れは、細かい粒子の汚れなので、他の汚れと少し性質が異なり、もみ洗いが必要な汚れとなります。
    泥・砂がついたリュックはよく乾かし、はたいて泥・砂を落としてから、中性洗剤を直付けし、優しくもみ洗いします。
    いきなり水で洗い流そうとすると、細かい粒子が繊維の奥に入り込み、茶色いシミとなってしまうので注意が必要です。

    ②汗・皮脂など体から出る汚れ

    リュックには、汗や手垢などの汚れが蓄積します。
    これらの汚れは水に溶けにくい性質のため、汚れを落とす際には40℃ほどのお湯を使い、皮脂汚れを溶かし出すようにしましょう。
    普段は中性洗剤を使用しますが、汗の汚れやニオイがひどい場合は、リネンナやアルカリ性洗剤を使ってつけ置き洗いするのがおすすめです。

    また、1日背負ったリュックは、汗などで湿気が溜まっているため、使用後はよく乾かし、保管するようにしましょう。

    ③ちり、ホコリ、排気ガス、など見えないさまざまな物質

    リュックにはこのような様々な目に見えない汚れが付着します。
    そのため、定期的に丸洗いをし、キレイにするのがおすすめです。

    ただし、洗濯の頻度が高いと、型崩れや劣化の原因にもなるため、固く絞った布で拭いたり、ブラシでお手入れするのもおすすめです。

    大抵のリュックは洗濯機で洗える!

    洗うのが難しく感じるリュックですが、多くのリュックは洗濯機で洗うことができます。
    洗濯機で洗うことが出来なくても、押し洗いやつけ置き洗いで、手間をかけることなく洗濯ができるので、汚れやニオイが気になるものはご自宅で洗ってみましょう!

    ノースフェイスやモンベルなどブランドリュックは洗濯していいの?

    登山などに使うリュックは、特殊な防水加工がされていることもあります。
    洗濯表示や各社HP上にある、お手入れ方法を確認しましょう。

    リュックの洗濯でやってはいけないこと

    リュックを洗濯する際は、型崩れや傷みを防止するため、以下の点に注意しましょう。

    ①頻繁にリュックを洗濯すること

    型崩れや痛みの原因になるため、リュックの洗いすぎには注意が必要です。

    また、撥水加工されたリュックは頻繁に洗濯をすることで劣化してしまうことがあります。撥水加工は永続的ではありません。洗濯をしたり、経年劣化で撥水効果が弱まってしまいます。
    撥水加工がされたリュックを洗うのは、年に1~2度にとどめ、使用後にしっかり乾かしたり、部分的に拭くなど、日常のお手入れを行うようにしましょう。

     ②リュックをゴシゴシ擦り洗いすること

     汚れが気になるからと、ゴシゴシ擦り洗いをすると、繊維が傷んでしまいます。

    ③リュックを洗ったあと乾燥機の使用して乾かすこと

    型崩れや繊維の劣化の原因となるため、乾燥機は使用を控えます。

    ④リュックを乾かすときに天日干しすること

    乾きにくいリュックをよく乾かそうと、天日干しすると、劣化や退色の原因となります。
    特に、汗の成分が残っている場所は、紫外線に当たることで変色リスクが高まるため注意が必要です。

    リュックは逆さまにして、風通しの良い日陰で干すようにしましょう。

    漂白剤は使っちゃダメって本当?

    リュックの洗濯は、生地の劣化や色褪せを防ぐため、漂白剤を使用しないようにしましょう。
    市販されている多くのリュックには、撥水加工がされています。
    漂白剤をつかうことで、この機能が劣化してしまう恐れがあります。
    同様の理由で、柔軟剤も使用しません。

    リュックを長持ちさせるために

    お気に入りのリュックをいつまでもキレイに長持ちさせるためには、

    • 使用後はしっかり乾かす
    • 風通しの良い場所で保管する
    • 撥水・防水スプレーで、汚れの付着も防止
    • 汚れた時にさっと水拭きする

    などのポイントも大切です。

    リュックは頻繁に洗濯ができないため、気持ちよく愛着をもって使うためにも、日常的なお手入れを心がけましょう。

    まとめ

    今回は、リュックの正しいお洗濯方法を詳しく解説しました。
    リュックを洗うときには、

    • 洗濯表示を確認する
    • おしゃれ着洗剤(中性)で洗う
    • 脱水時は優しく、洗濯ネットを使用
    • 陰干で良く乾かす

    ということに注意しましょう。

    撥水加工されているものは、頻繁な洗濯を避け、日常的に拭く・乾かすなどのお手入れもしましょう。

    汗のニオイや汚れが気になるときは、生地に負担をかけることなく、ニオイと汚れをスッキリ落とすリネンナでのつけ置き洗いがおすすめです。

        

    こちらのページでご紹介した商品

    • files/Pro-Capture-One-0437-1-2000x2000.jpg

      洗濯洗剤Rinenna #1 (リネンナ)

      3,850円(税込)~

    • files/Pro-CaptureOne0423.jpg

      おしゃれ着洗剤 RINENNA Pro #ZERO 100g

      3,000円(税込)~

    • products/R__0001_ZERO30-468021.jpg

      おしゃれ着洗剤 RINENNA Pro #ZERO 30g

      1,980円(税込)~

    • products/R__0008_trial2-576878.jpg

      つけおきメインの洗濯用洗剤Rinenna#1 トライアル2個パック

      600円(税込)~