1 5
1 5

地球と暮らしに
心地よさを

Rinennaは「暮らしを快適に」
という想いからスタートしました。
『家事や暮らしの“あたりまえ”を変える』をブランドミッションに、
毎日がもっと楽しく、
心地よく変化していく
製品を生み出してまいります。

Rinennaは、日々の洗濯で積み重なる 「シミが残る」「もみ洗いしないと落ちない」 というお悩みの声から生まれました。

小さな子どもがいるママの目線で 原材料から吟味し、ブレンドにも工夫をこらしています。

洗濯の時間がうんと楽になり みなさまの毎日が もっとごきげんになりますように。

定期便

洗剤

いちばんお得に買える定期便。お届けする商品も期間も毎月お選びいただけます。

もっとみる

Washing

洗剤

自宅で簡単に黄ばみ・シミ抜きからクリーニングレベルの仕上げまで叶える洗濯洗剤シリーズ

もっとみる

Baby

BABY

おむつはずれがスムーズに。肌に優しく、もれにくい、赤ちゃんとお世話する人に優しい布おむつ。

もっとみる

Gift

ギフト

大切な人の毎日をもっと快適にする贈り物。「おしゃれ」で「実用的」なアイテムで感謝の気持ちを届けませんか。

もっとみる

Napkin

BABY

デリケートな日も心地よく過ごす。肌にやさしく、快適なつけ心地の布ナプキン。

もっとみる

知るとやりたくなる
よみもの

  • 花粉対策には外干し?部屋干し?花粉の付着を減らして外干しする方法を解説

    花粉対策には外干し?部屋干し?花粉の付着を減らして外干しする方法を解説

    花粉症だけど洗濯物を外干ししたい!外干しするときのポイントは? 4児の母で洗濯研究家の平島 利恵です。洗濯物が乾きにくかった冬の季節が終わり、暖かくなってくると悩まされるのが「花粉」です。 関東地方や九州地方では、2月上旬から飛散開始し、スギ花粉のピークは2月下旬から3月下旬、ヒノキ花粉は3月中旬から4月中旬となっています。 花粉シーズンは、外干しをすると室内に花粉を持ち込む要因となるため、症状がひどい方は、基本的には室内干しを推奨します。 それでも晴れた日が続くと、せっかくだから外干ししたい"外干し派"の方もいらっしゃると思います。外干しで、花粉を家に持ち込まないためには、いくつかの注意が必要です。 今回は、花粉シーズンの外干しの注意点と、部屋干しでの臭いを防ぐ室内干しのコツを解説します。 辛い花粉シーズンを少しでも快適に過ごすためのヒントになると嬉しいです。 花粉対策をしながら外干しをする方法①洗濯時に柔軟剤を使用する 花粉の季節は、柔軟剤の使用がおすすめです。柔軟剤の成分が繊維をコーティングし、静電気を抑えることで、花粉が付着しにくくなります。 特にアウターや花粉が付着しやすい素材の洗濯時には、柔軟剤を使用しましょう。  CHECK Rinennaの柔軟剤は無香料で赤ちゃんから使えるこだわり設計 Rinennaの柔軟剤は、着心地の良さと衣類を長持ちさせることにフォーカスした柔軟剤です。贅沢に配合した高級平滑成分が繊維1本1本をコーティングし、シワがつきにくく滑らかな肌触りに仕上がります。衣類同士の摩擦を抑えることで、静電気の発生を低減し、花粉・ホコリの付着を抑える効果があります。 近年社会問題にもなっている「香り」についても、さまざまな価値観を尊重できるよう、あえて無香料の設計となっており、赤ちゃんの衣類から安心してお使い頂けます。 Rinenna No.9 FABRIC CONDITIONER を詳しく見る   花粉対策をしながら外干しをする方法②天気予報をチェックする 外干しをするかどうか判断する際には、天気予報で飛散情報を確認することも大切です。 特に注意が必要なのは、 晴れていて、空気が乾燥している日 強風の日 雨が降った翌日 です。特に、濡れた洗濯物には花粉がつきやすいため、大量飛散する日は室内干しをするなど、状況に合わせて干し方を変えましょう。 花粉対策をしながら外干しをする方法③花粉が飛散するピークの時間帯を避けて干す 花粉が飛散するピークの時間帯は、1日2回あります。外干しをする際は、このピーク時間帯を避けることで、洗濯物への花粉の付着を予防しましょう。 花粉対策をしながら外干しをするときに気を付けたい時間帯 早朝に飛散をし始めた花粉は、風に乗り、午前中に郊外・都市部へと飛散します。そのため一度目のピークはお昼前後の11時~14時ごろです。...

    花粉対策には外干し?部屋干し?花粉の付着を減らして外干しする方法を解説

    花粉症だけど洗濯物を外干ししたい!外干しするときのポイントは? 4児の母で洗濯研究家の平島 利恵です。洗濯物が乾きにくかった冬の季節が終わり、暖かくなってくると悩まされるのが「花粉」です。 関東地方や九州地方では、2月上旬から飛散開始し、スギ花粉のピークは2月下旬から3月下旬、ヒノキ花粉は3月中旬から4月中旬となっています。 花粉シーズンは、外干しをすると室内に花粉を持ち込む要因となるため、症状がひどい方は、基本的には室内干しを推奨します。 それでも晴れた日が続くと、せっかくだから外干ししたい"外干し派"の方もいらっしゃると思います。外干しで、花粉を家に持ち込まないためには、いくつかの注意が必要です。 今回は、花粉シーズンの外干しの注意点と、部屋干しでの臭いを防ぐ室内干しのコツを解説します。 辛い花粉シーズンを少しでも快適に過ごすためのヒントになると嬉しいです。 花粉対策をしながら外干しをする方法①洗濯時に柔軟剤を使用する 花粉の季節は、柔軟剤の使用がおすすめです。柔軟剤の成分が繊維をコーティングし、静電気を抑えることで、花粉が付着しにくくなります。 特にアウターや花粉が付着しやすい素材の洗濯時には、柔軟剤を使用しましょう。  CHECK Rinennaの柔軟剤は無香料で赤ちゃんから使えるこだわり設計 Rinennaの柔軟剤は、着心地の良さと衣類を長持ちさせることにフォーカスした柔軟剤です。贅沢に配合した高級平滑成分が繊維1本1本をコーティングし、シワがつきにくく滑らかな肌触りに仕上がります。衣類同士の摩擦を抑えることで、静電気の発生を低減し、花粉・ホコリの付着を抑える効果があります。 近年社会問題にもなっている「香り」についても、さまざまな価値観を尊重できるよう、あえて無香料の設計となっており、赤ちゃんの衣類から安心してお使い頂けます。 Rinenna No.9 FABRIC CONDITIONER を詳しく見る   花粉対策をしながら外干しをする方法②天気予報をチェックする 外干しをするかどうか判断する際には、天気予報で飛散情報を確認することも大切です。 特に注意が必要なのは、 晴れていて、空気が乾燥している日 強風の日 雨が降った翌日 です。特に、濡れた洗濯物には花粉がつきやすいため、大量飛散する日は室内干しをするなど、状況に合わせて干し方を変えましょう。 花粉対策をしながら外干しをする方法③花粉が飛散するピークの時間帯を避けて干す 花粉が飛散するピークの時間帯は、1日2回あります。外干しをする際は、このピーク時間帯を避けることで、洗濯物への花粉の付着を予防しましょう。 花粉対策をしながら外干しをするときに気を付けたい時間帯 早朝に飛散をし始めた花粉は、風に乗り、午前中に郊外・都市部へと飛散します。そのため一度目のピークはお昼前後の11時~14時ごろです。...

  • 災害時・避難所での洗濯方法とできない場合の対処法【キャンプ時にも】

    災害時・避難所での洗濯方法とできない場合の対処法【キャンプ時にも】

    この度の能登半島地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と、一日も早い復興をお祈り申し上げます。 災害時のお洗濯方法、どうしたらいい?? 4児の母で洗濯研究家の平島 利恵です。 災害が発生した時には、「水」や「電気」といった、洗濯に必要なライフラインが機能しなくなる可能性があります。少ない水で、下着だけでも洗いたいときに備え、今回はいざという時の簡易洗濯法や、災害時に必要な備えを紹介します。 被災地でお困りの方はもちろん、災害時の備えとしてもお役立ていただけると嬉しいです。 少量の水でもできる!災害時の洗濯方法 地震や豪雨などの自然災害が発生すると、ライフラインが止まってしまう可能性があります。洗濯に必要な「水」「電気」が確保できず、場合によっては洗濯機自体が壊れてしまうことも。 そんな時に活かせる、状況に合わせた「簡易洗濯法」を紹介します。 使える水が非常に少ない場合 災害が起きた時、限りある水を洗濯に充てるのは非常に難しくなります。肌に触れる下着だけでも洗濯したい時には、ジッパー付き袋が役立ちます。(ビニール袋など、代用できるもので問題ありません) 1. 密閉できるポリ袋・ジッパー袋に洗濯物と少量の水を入れる 2. すすぎができる場合:洗濯洗剤を適量入れる  すすぎができない場合:台所用洗剤を入れる 3. 袋の上からもみ洗い 4. すすぎができる場合:すすいでから手で絞って脱水し、干す  すすぎができない場合:手で絞って脱水し、干す  POINT 汚れは水洗いだけでは落とせない 衣類に付着する汚れのほとんどは、水で洗うだけでは落とすことができません。汚れを繊維から浮かせ、水に溶かし出すのが洗剤の役割です。 洗剤を使う際に問題となるのが、すすぎが必要になるということです。使える水が少なく、すすぎが難しい場合は、よりマイルドな台所用洗剤を使うことで、洗剤成分が衣類に残っても肌への負担を減らすことができます。   敏感肌・お肌が弱い方は重曹で 洗剤のすすぎ不足によりお肌に影響が出てしまう方は、重曹を使うことで、水だけで洗うよりは汚れ落ちの効果を高めることができます。 ぬるま湯が使える場合 ぬるま湯が出る場合は、ぬるま湯を使うことで洗剤の洗浄力がUPします。洗いの水だけでもぬるま湯にすると、汚れ落ちの効果が高まります。 乾かし方のコツ...

    災害時・避難所での洗濯方法とできない場合の対処法【キャンプ時にも】

    この度の能登半島地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と、一日も早い復興をお祈り申し上げます。 災害時のお洗濯方法、どうしたらいい?? 4児の母で洗濯研究家の平島 利恵です。 災害が発生した時には、「水」や「電気」といった、洗濯に必要なライフラインが機能しなくなる可能性があります。少ない水で、下着だけでも洗いたいときに備え、今回はいざという時の簡易洗濯法や、災害時に必要な備えを紹介します。 被災地でお困りの方はもちろん、災害時の備えとしてもお役立ていただけると嬉しいです。 少量の水でもできる!災害時の洗濯方法 地震や豪雨などの自然災害が発生すると、ライフラインが止まってしまう可能性があります。洗濯に必要な「水」「電気」が確保できず、場合によっては洗濯機自体が壊れてしまうことも。 そんな時に活かせる、状況に合わせた「簡易洗濯法」を紹介します。 使える水が非常に少ない場合 災害が起きた時、限りある水を洗濯に充てるのは非常に難しくなります。肌に触れる下着だけでも洗濯したい時には、ジッパー付き袋が役立ちます。(ビニール袋など、代用できるもので問題ありません) 1. 密閉できるポリ袋・ジッパー袋に洗濯物と少量の水を入れる 2. すすぎができる場合:洗濯洗剤を適量入れる  すすぎができない場合:台所用洗剤を入れる 3. 袋の上からもみ洗い 4. すすぎができる場合:すすいでから手で絞って脱水し、干す  すすぎができない場合:手で絞って脱水し、干す  POINT 汚れは水洗いだけでは落とせない 衣類に付着する汚れのほとんどは、水で洗うだけでは落とすことができません。汚れを繊維から浮かせ、水に溶かし出すのが洗剤の役割です。 洗剤を使う際に問題となるのが、すすぎが必要になるということです。使える水が少なく、すすぎが難しい場合は、よりマイルドな台所用洗剤を使うことで、洗剤成分が衣類に残っても肌への負担を減らすことができます。   敏感肌・お肌が弱い方は重曹で 洗剤のすすぎ不足によりお肌に影響が出てしまう方は、重曹を使うことで、水だけで洗うよりは汚れ落ちの効果を高めることができます。 ぬるま湯が使える場合 ぬるま湯が出る場合は、ぬるま湯を使うことで洗剤の洗浄力がUPします。洗いの水だけでもぬるま湯にすると、汚れ落ちの効果が高まります。 乾かし方のコツ...

  • 【裏ワザ】RINENNA Pro #ZERO 10倍希釈で襟袖の黒ずみ・蓄積汚れを予防!

    【裏ワザ】RINENNA Pro #ZERO 10倍希釈で襟袖の黒ずみ・蓄積汚れを予防!

    洗濯しているはずなのに、黒ずんでいく「襟袖汚れ」ゴシゴシこすってもなかなか落ちづらく、擦り洗いを重ねると生地が傷んでしまいますよね。 襟袖の黄ばみ・黒ずみ汚れは、身体から出る皮脂の汚れです。皮脂汚れは、洗剤を入れて洗濯機にかけるだけでは落とし切ることが難しい汚れです。特に首元や袖口は生地が固く、皮膚と何度も擦れるうちに摩擦で繊維の奥に汚れが蓄積してしまいます。 襟袖の汚れを予防するためには、着用のたびに汚れをリセットし、そもそも蓄積させないということが大切です。 皮脂や汗の汚れは、ついた時点では目には見えません。時間の経過とともに酸化し、黄ばみ・黒ずみという目に見える汚れに変質していきます。 蓄積汚れを予防するため、洗濯前のプレウォッシュ(前処理)を習慣にしましょう! 【コスパ抜群】#ZERO 10倍希釈で蓄積汚れを予防しよう RINENNA Pro #ZEROといえば、「油汚れ・メイク汚れに強い洗剤」というイメージがある方が多いと思います。 #ZEROは100種類以上の界面活性剤を配合した、超濃縮洗剤です。そのため、10倍に希釈しても汚れ落ち効果があるのが特長です。 #ZEROを10倍に薄めて塗布 黄ばみ・黒ずみを予防するために、着用後にケア(前処理)を行いましょう。落としにくい皮脂汚れを落とすため、10倍に薄めたZEROを襟袖に塗布してから洗濯機かけます。汚れが酷い場合は、ブラシなどで優しくたたき込み、洗剤成分を繊維の奥まで浸透させましょう。 洗濯機にかける際は、すすぎ2回以上でしっかり洗剤成分と汚れを洗い流します。 10倍希釈の手順 ■用意するもの  100均などのボトル はかり RINENNA Pro #ZERO 10g 水 90g RINENNA Pro #ZEROを10倍の水で薄めます。希釈したRINENNA Pro #ZEROはそのまま保存し、再度ご使用いただけます。 重曹で汚れ落ち効果UP...

    【裏ワザ】RINENNA Pro #ZERO 10倍希釈で襟袖の黒ずみ・蓄積汚れを予防!

    洗濯しているはずなのに、黒ずんでいく「襟袖汚れ」ゴシゴシこすってもなかなか落ちづらく、擦り洗いを重ねると生地が傷んでしまいますよね。 襟袖の黄ばみ・黒ずみ汚れは、身体から出る皮脂の汚れです。皮脂汚れは、洗剤を入れて洗濯機にかけるだけでは落とし切ることが難しい汚れです。特に首元や袖口は生地が固く、皮膚と何度も擦れるうちに摩擦で繊維の奥に汚れが蓄積してしまいます。 襟袖の汚れを予防するためには、着用のたびに汚れをリセットし、そもそも蓄積させないということが大切です。 皮脂や汗の汚れは、ついた時点では目には見えません。時間の経過とともに酸化し、黄ばみ・黒ずみという目に見える汚れに変質していきます。 蓄積汚れを予防するため、洗濯前のプレウォッシュ(前処理)を習慣にしましょう! 【コスパ抜群】#ZERO 10倍希釈で蓄積汚れを予防しよう RINENNA Pro #ZEROといえば、「油汚れ・メイク汚れに強い洗剤」というイメージがある方が多いと思います。 #ZEROは100種類以上の界面活性剤を配合した、超濃縮洗剤です。そのため、10倍に希釈しても汚れ落ち効果があるのが特長です。 #ZEROを10倍に薄めて塗布 黄ばみ・黒ずみを予防するために、着用後にケア(前処理)を行いましょう。落としにくい皮脂汚れを落とすため、10倍に薄めたZEROを襟袖に塗布してから洗濯機かけます。汚れが酷い場合は、ブラシなどで優しくたたき込み、洗剤成分を繊維の奥まで浸透させましょう。 洗濯機にかける際は、すすぎ2回以上でしっかり洗剤成分と汚れを洗い流します。 10倍希釈の手順 ■用意するもの  100均などのボトル はかり RINENNA Pro #ZERO 10g 水 90g RINENNA Pro #ZEROを10倍の水で薄めます。希釈したRINENNA Pro #ZEROはそのまま保存し、再度ご使用いただけます。 重曹で汚れ落ち効果UP...

1 3

使ってよかった!
本音レビュー

Rinennaにできること

ゴミとCO2の削減

赤ちゃんがおむつはずれまでに使うおむつの枚数は1人7,000枚と言われています。4日間のおむつゴミは5kgにもおよびます。
7000枚の紙オムツを一般廃棄物として処理をした場合、CO2を3,660kg排出します。
対して布おむつ7000枚の洗濯で排出するCO2は390kgです。
“くり返し使える”布おむつや布ナプキンで、ゴミとCO2の削減に貢献します。

“使い捨て”ないエシカルな消費へ

大切な衣類を捨てるきっかけになる「落ちない汚れ」や「服の傷み」。
これらをクリーニングに出さずに自分の手で簡単に処置できる、プロ仕様の洗濯洗剤を開発することで、“使い捨てる”ことを前提としない消費行動を促します。

見えない家事労働時間を減らす

生涯洗濯にかける時間は10,000時間と言われています。
手間をかけずにシミや汚れを効果的に落とすRinennaの洗剤を使うことで、洗濯時間を短縮できます。 家事に費やす時間が減る分、他の活動のために時間を使うことが可能に。
見えない家事労働時間の削減は、社会参加や自己実現につながるだけでなく、家庭内での負担減やストレス減にも寄与します。

"Rinenna"のはなし

布おむつ洗濯の
課題解決から生まれた洗剤

リネンナは「暮らしを快適に」をミッションに、家事の概念を変えるプロダクトを開発・製造・販売しています。

2011年に起きた東日本大震災。創業者平島利恵が第一子育児中に首都圏で被災した体験から、リネンナの前身である布おむつ専門店がスタートしました。

布おむつ専門店として軌道にのってきた頃、ご愛用者様から布おむつの洗濯に関する深刻なご相談がありました。布おむつを開発したことで”布おむつを清潔に洗い上げる”という課題が生まれた瞬間でした。

育児をする人にとって、布おむつが負担になってしまわないためにも、その課題をしっかり解決することは、布おむつを販売するリネンナの最大のミッションとなりました。

レポート

"家事"という日常に"使える"製品であること

日々の暮らしの中で、「これで仕方ない」「もっとこうならいいのに」という、ちょっとした不便や不満の中に、家事を担う人や使い手をうんと楽にするヒントがあります。

使い手のカラダもココロも
心地よくしたい

布おむつや布ナプキンのように、こだわりの素材・製法で使う人のカラダを心地よくするのはもちろん、くり返し使える布おむつや布ナプキン、 汚れをしっかり落として大切な衣類を長く愛用いただくための洗濯洗剤、というように”使い捨てる”ことを減らしていけるサスティナブルな製品をお届けすることで、お使いいただく方のエシカルな配慮にも寄り添いたいと考えています。

リネンナのストーリーをこちらでより詳しくお読みいただけます。

もっと詳しく読む
レポート