スキーウェア・スノボウェアを自宅で洗濯できる?失敗しない洗い方を解説

スキーウェア・スノボウェアを自宅で洗濯できる?失敗しない洗い方を解説

スキーウェア・スノボウェアを洗う前に!洗濯表示を確認しましょう

スキーウェア・スノボウェアはどのようにお手入れしていますか?
泥などの汚れがついていても、自宅で洗って良いのか?撥水機能が低下してしまうのではないか?と迷うアイテムですよね。

使用後に乾かすだけでなく、適切なケアをすることでお気に入りのスキーウェア・スノボウェアを長持ちさせることができます。
今回は、ご自宅での正しいホームケア術を解説します。

洗濯機で洗える洗濯表示

ご自宅で洗えるかどうかは、洗濯表示を確認しましょう。

桶の中に数字が書いてあるものは、洗濯機洗いが可能です。
この数字は、洗濯時の水温の上限を表しています。

桶の下に線があるものほど、デリケートな素材です。
特に2本線があるものは、洗濯ネットに入れ、デリケートコースで洗うか、手洗いをしましょう。

手洗いできる洗濯表示

桶の中に手のマークがあれば、手洗いが可能です。
このマークがある場合でも、洗濯機のコースによっては洗濯機洗いが可能です。お持ちの洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

ただし、ウェアを傷めるのが心配な方や、洗濯機の容量が小さい方は、手洗いする方が安心です。

クリーニングに持って行かないといけない洗濯表示

桶のマークに×があるものは、水洗いが出来ないため、自宅で洗濯はできません。クリーニング店で相談しましょう。

撥水加工等の機能低下を防止するため、水洗いが出来ないスキーウェア・スノボウェアもあります。洗濯前には必ず、洗濯表示を確認しましょう。

スキーウェア・スノボウェアを洗う前の準備

洗濯表示を確認し、ご自宅で洗えるスキーウェア・スノボウェアを洗ってみましょう!

スキー・スノボを楽しんでいる最中は、意外と汗をかくものです。また、泥などの汚れが付着し、そのまま放置するとニオイや劣化の原因となります。

シーズン中、数回しか着用しない場合は、基本的にスキーウェア・スノボウェアを着用するごとにお手入れをするのがおすすめです。

シーズン中、頻繁に着用する場合は、シーズンの初めと終わりにケアをしましょう。

洗剤を選ぶ

自宅にある洗剤で洗う場合は、中性洗剤(おしゃれ着洗剤)を使用します。
撥水・防水機能を損ねずに洗えるアウトドアウェア専用洗剤も市販されています。

目立つ汚れ(油、皮脂、食べこぼし汚れなど)を前処理

食事中の食べこぼしや、メイク汚れ、汗のシミなどがある場合は、洗濯前に前処理を行いましょう。
汚れが気になる場所に洗剤を塗布し、優しく叩いて洗剤成分を繊維に染み込ませてから洗濯します。
(ゴシゴシこすると機能劣化の原因となるため注意しましょう)

 POINT 汚れに1ショットでスルスル落とす、RINENNA Pro #ZERO

機能性の高いスキーウェア・スノボウェアは、生地に負荷をかけずに汚れをしっかりと落とすことが大切です。
RINENNA Pro #ZEROは、超濃縮洗剤として、様々な汚れに作用する100種類以上の界面活性剤が配合されています。そのため、洗濯前に気になる箇所に塗布するだけで、汚れをしっかり浮かせて落とすことができます。

ZEROは10倍に薄めて、プレウォッシュとしても使える、コスパの高い洗剤です。普段の衣類のシミ対策としても、常備しておくと安心です。

RINENNA Pro #ZERO
https://rinenna.jp/collections/rinenna-zero

洗濯ネットに入れる

洗濯機にかける場合は、洗濯ネットを使用します。
スキーウェア・スノボウェアと同じ大きさの洗濯ネットを用意し、ネット1枚に対し、衣類1着、畳んで入れます。

スキーウェア・スノボウェアのファスナーをしめ、マジックテープを止め、汚れが気になる箇所が表面に来るように畳みましょう。

スキーウェア・スノボウェアの自宅での洗い方

自宅の洗濯機での洗い方

  1. スキーウェア・スノボウェアを、洗濯ネットに畳んで入れます
  2. 汚れが気になる場所には、中性洗剤を塗布し、優しくたたき込みます
  3. 中性洗剤・専用洗剤を使用し、手洗いコース・デリケートコースで優しく洗います
  4. 風通しの良い日陰で陰干します

衣類への負担を減らすため、スキーウェア・スノボウェア単体で洗うのがおすすめです。

洗濯機の容量が小さいと、水量が不足する恐れがあるため、スキーウェア・スノボウェアがしっかり洗浄液に浸っているか、確認しましょう。

自宅で手洗いする場合の洗い方

機能性の高い高価なウェアや、お気に入りのスキーウェア・スノボウェアは、手洗いが安心です。

手洗いの手順

  1. スキーウェア・スノボウェアが入る大きさの桶や洗面台に、水・ぬるま湯を溜めます
  2. 中性洗剤(おしゃれ着洗剤)または、専用洗剤をよく溶かします
  3. ファスナーやマジックテープをしめ、ウェアを畳んだウェアを洗浄液に浸します
  4. 洗浄液の中で、20回ほど押し洗いします
  5. 洗浄液を排水し、泡が出なくなるまで何度か水を入れかえ、すすぎます
  6. タオルに包み、くるくると巻き、水分を移しとります
  7. 風通しの良い日陰で陰干します

スキーウェア・スノボウェアの干し方

厚みがあり、乾きにくいスキーウェア・スノボウェアですが、乾燥が不十分になると、雑菌が繁殖し、嫌なニオイの原因となります。
なるべく短時間でしっかりと乾燥させましょう。

形を整える

型崩れやシワを防ぐため、洗濯後はすぐに干すようにしましょう。
干す前に、形を整えます。水分が多く残っている時は、タオルに包んで、移しとります。

乾燥させる

干し方にも洗濯表示があります。衣類に合わせた干し方をすることで、キレイな状態をキープできるので、必ず確認しましょう。

スキーウェア・スノボウェアは陰干しが基本です。
天日干しをした方がよく乾きそうですが、スキーウェア・スノボウェアの繊維が太陽の紫外線により劣化してしまいます。
風通しの良い日陰、または室内でで干しましょう。

ジャケットは、肩部分がしっかりしたハンガーにかけて干します。
ズボンはピンチハンガーを使い、筒干しします。

 撥水スプレー

スキーウェア・スノボウェアが乾いた後は、全体に撥水スプレーをしておくと、機能が長続きします。
撥水スプレーは、屋外の換気ができる場所で、全体に薄く塗布しましょう。アウトドアウェア専用のスプレーも市販されています。

乾燥機は使用しない

機能劣化・損傷の恐れがあるため、スキーウェア・スノボウェアを乾燥機にかけてはいけません。

番外編:ストーブに当てて乾燥するのは厳禁

ストーブに当てて乾燥させるのも厳禁です。
最悪の場合、スキーウェア・スノボウェアに引火し、火災の原因となります。電気ストーブも同様です。

離れているから大丈夫‥と思っても、スキーウェア・スノボウェアは水分を含むと重たくなるため、ハンガーから落下し、ストーブにかかってしまうことがあります。

スキーウェア・スノボウェア以外でも、そもそも衣類をストーブの熱で乾かすと、ストーブ内部にホコリが溜まりやすくなり、故障を招く恐れがあるため、控えましょう。

スキーウェア・スノボウェアの保管方法

スキーウェア・スノボウェアの日ごろのお手入れ

スキーウェア・スノボウェアを長く使い続けるためには、使用後にこまめにお手入れを行いましょう。

帰宅後、泥汚れは早めに落とし、食べこぼし等がついている場合は、部分洗いをします。

スキーウェア・スノボウェアは雪で濡れているだけでなく、汗も染み込んでいるため、着用後は風通しの良い場所に干し、よく乾かしましょう。

すぐに洗えない時の部分的な汚れの落とし方

スキーウェア・スノボウェアに泥や食べこぼしが付着していて、全体洗いが難しい時は、部分洗いをします。

固形の取り除ける汚れはティッシュを使ったり、ブラシで軽くはたき落とします。
その後、中性洗剤(おしゃれ着洗剤)を水で薄めたものをタオルに含ませ、固く絞り、シミ部分をやさしく拭きましょう。

洗濯後は撥水スプレーを噴霧

着用前に、撥水スプレーを噴霧することで機能の劣化を防ぐことができます。

撥水スプレー使用時の注意点

  • 撥水スプレーは可燃性の高い有機溶剤やガスが使われているため、屋内では使用しません。風通しの良い屋外で使用しましょう。(タバコ等の火気厳禁です)
  • スキーウェア・スノボウェアから20cm以上離し、全体にまんべんなくスプレーします。一か所に長時間噴霧すると、シミになることがあります。
  • スプレー後は、風通しの良い屋外で完全に乾くまで乾燥させます

スプレー以外に、液体状の撥水剤も市販されています。

撥水性が低下した場合はクリーニング店で撥水加工を

スプレーでスキーウェア・スノボウェア全体に、まんべんなく噴霧するのは難しいため、全体的な撥水機能が失われているときは、クリーニング店で相談しましょう。

まとめ

お気に入りのスキーウェア・スノボウェアは、正しくお手入れすることで、長く着続けることができます。

まずは、必ず洗濯表示を確認し、ご自宅で洗えるか、どのような洗い方(洗濯機洗いor手洗い)が良いかを確認しましょう。

洗濯時は、中性洗剤(おしゃれ着洗剤)を使用し、優しく洗います。
風通しの良い日陰でしっかり陰干した後は、屋外で撥水スプレーを噴霧しましょう。

毎回洗えない場合でも、「泥汚れ」「食べこぼし」「メイク汚れ」を部分的にケアし、着用後はよく乾かしましょう。

シーズンの終わりには必ず全体洗いをし、汚れを落としてから保管しましょう。

    

こちらのページでご紹介した商品

  • files/Pro-CaptureOne0423.jpg

    おしゃれ着洗剤 RINENNA Pro #ZERO 100g

    3,000円(税込)~

  • products/R__0001_ZERO30-468021.jpg

    おしゃれ着洗剤 RINENNA Pro #ZERO 30g

    1,980円(税込)~